内藤 晃(ないとう あきら)

ピアニスト、指揮者、作編曲家。横浜市出身。東京外国語大学ドイツ語専攻卒業。桐朋学園大学指揮専攻科目等履修生、ヤルヴィ・アカデミー・マスタークラス(エストニア)などで指揮の研鑽を積む。2006年、ソロプチミスト日本財団より社会ボランティア賞受賞。

弾き振りを含む多彩な演奏活動とともに、「もっと深い音楽体験」を共有すべく、ユニークな発想でレクチャーや執筆を行う。月刊音楽現代に「名曲の向こう側」を連載するほか、楽譜の校訂・解説、ライナーノート執筆なども数多く手がけ、訳書にA.ゲレリヒ著「師としてのリスト〜素顔のマスタークラス」(近刊、音楽之友社)、校訂楽譜に「ジョン・アイアランド ピアノ曲集」(カワイ出版)、作曲作品に映画「彦とベガ」(谷口未央監督)などがある。指揮者としては、札幌シンフォニエッタ、アビアント交響楽団、杉並グース合奏団などに客演を重ねる。

その知的で美しい音楽づくりには、マリンバ吉川雅夫氏や作曲家春畑セロリ氏など、一流ソリストや作曲家から厚い信頼が寄せられ、彼らのCDでもピアノを担当している。自身のCDに「Primavera」(レコード芸術特選盤)「言葉のない歌曲」(レコード芸術準特選盤)があるほか、2020年よりsonoritèレーベルを主宰し、レコーディング・ディレクターとしてCDのプロデュースも行っている。主宰ユニット「おんがくしつトリオ」では教育楽器によるエキサイティングなアレンジが人気を博し、全国各地に招かれている。2014年、全日本ピアノ指導者協会より新人指導者賞受賞。

これまでにピアノを城田英子、広瀬宣行、川上昌裕、V.トイフルマイヤーの各氏らに、指揮を紙谷一衛、曽我大介の両氏に師事。横浜市栄区民文化センターリリス・レジデンス・アーティスト。たかまつ楽器青い鳥マスタークラス特任講師。日本スペインピアノ音楽学会、日本セヴラック協会、日本ヤナーチェク友の会、ピアノ芸術研究会会員。

これまでのCD・出版物などはこちらをご覧ください

YouTube-Channel | Twitter | note


Akira Naito

Akira Naito is a Japanese classical pianist and conductor. He graduated from Tokyo University of Foreign Studies and also studied in Conducting Course at Toho Gakuen School of Music. In March 2008, he made his debut as a pianist by releasing his first CD Primavera, which won the special commendation from the magazine The Art of Records. In March 2012 he was invited as one of only 10 conductors to take part in master classes with Leonid Grin at The International Järvi Academy in Pärnu, Estonia. He attended International Bach Competition 2014 Leipzig and was chosen as one of 13 pianists and got 2nd diplom, highly praised by Prof.Jacques Rouvier.

He is active not only as a pianist but also as a conductor, a writer, and a reviser of scores. Recently he translated August Göllerich’s The Piano Master Classes of Franz Liszt 1884-1886, which will be published shortly. Since 2015, he has been the leader of the instrumental group Ongakushitsu-Trio, using educational instruments - recorder, melodion and piano. He has participated many CD recordings, which includes world premiere performances of new compositions, and has deep trust with eminent soloists or composers, such as Masao Yoshikawa and Céleri Haruhata. In 2020, he also started his career as a recording director of his own sonorité label, making good use of his experience as a conductor-pianist.